マンションの任意売却を行うには〜売却の際に損をしないためには〜

任意売却とは

不況の影響を受け借金が返せない場合

名古屋といえば、日本の中でも有数の人口を誇る都市です。歴史的にも古くいろいろな由緒ある名所が多いところで有名です。一見景気が良さそうですが、そんな名古屋でも不況の影響を受けています。 不況の影響として例えば、名古屋でビジネスを始めようとして数千万円の借金をしたいと考えている人がいたとします。この場合は、名古屋でもそれ以外の土地でも住宅を所有していればその住宅を担保に金を借りることができます。 順調にいけばお金を返すことができるのですが、不況の影響受けて、ビジネスがうまくいかなかった場合にはお金を返すことができないため、担保をつけた住宅を競売という形で強制的に売りに出すことになります。 ですが、この競売による場合は、安くしか売れないため、その代わりに任意で売却するという方法をとり、債権者と債務者、そして仲介業者で話し合いをして金額を決める事が流行ってます。これを任意売却と言います。

そのメリットとデメリットについて

任意売却のすばらしいところは、競売で売却するよりも高く売ることができるのです。それ故、任意売却を選ぶ人が増えてきています。不動産が高くれれば、債務者も借金が減少しますし、債権者も競売の時よりはたくさんのお金を戻ってきます。また、仲介業者が間に入ることにより売買が成立し易くなり、売買がうまくいけば仲介業者を仲介手数料が入ってきます。 このように、任意売却は債権者にとっても債務者にとっても仲介業者にとっても得をする売却方法なのです。 また、債務者にとっても強制的に売却をさせられたわけではなく、自分の意思で売却をしたということに大きな意味があるのです。 ただし任意売却は債権者全員の同意を得ないと実行が難しいとい問題点があります。

マンションを売る

家庭内の事情でマンションを売らなければいけないことになってしまったという時があります。その時にはマンション査定でいかにしてマンションを高く売ることができるかを考えなければなりません。まずはいくつか見積もりをとりましょう。

メリットを知る

住宅を手放す際には、より高額で売却を行なうことができる任意売却を行なうのが一般的です。任意売却では売却価格を自分で設定できるため、専門家と相談した上で任意売却を行いましょう。

神戸で任意売却

神戸でも住宅を手放す方は少なくありません。その時には任意売却を行うようにしましょう。任意売却を行うことによって、その後の生活を安心して過ごすことができるようになります。手元にお金が残る可能性があるのです。

任意売却の流れ

任意売却を行う際の流れを把握しておく必要があります。例として、大阪のとある家庭が任意売却を行うまでを挙げてみます。任意売却は通常の競売とは異なる点が幾つかあります。手元にお金が残る可能性が高いです。